ありのままに綴る

3人の男の子のママ。長男は思春期、次男は自閉症。三男は1歳です。

次男のこと

次男は自閉症で重度知的障害だ。

二歳のときに自閉症だとわかった。

その時から私の目の前の景色の色は変わってしまった。

いろんな人に支えられた
いろんな人に出会えた
それは良かったことだ

でも、本当は心の中では、健常がよかった、健常が良かった といつもいつも思っている。

とにかく、生活がしづらい。
不自由なのだ。

まだ小さいうちはベビーカーに乗せて移動すれば良かったからマシだった。

でも今は違う。

特性を理解して一生懸命育ててきたつもりだ。

でももう辛い。

死ねばいいのに

って日に何回も思う。

あんたさえいなければ幸せだったのに

ってよく思う。

私は最低だ。次男のせいじゃないのに。